家事の“時短”が叶う家づくりのご提案|大阪府堺市・兵庫・京都・奈良の注文住宅、リフォーム 吉村一建設

2017年11月09日

BLOG > 住まいのノウハウ

こんにちは、吉村一建設の関谷です。

11月も半ば、いよいよ慌ただしい師走がやってきますね。
大掃除に、年賀状に、お歳暮に…。焦る気持ちと裏腹に、家事が一向に進まず余計に焦ってしまう。毎年、そんな年末を過ごしている方も多いのではないでしょうか。

今日は、効率よく家事をこなせる家づくりについてお話いたします。

まずは、間取りから。

間取りを考える上で重要なのが、“回遊性”です。

例えば、当社が手がける「しかくの家」の場合、玄関とキッチンが繋がっていて、買い物した重い荷物をすぐに片付けることが可能に。キッチンから洗面につながり、その先にはリビング…と、行き止まりがなくぐるっと1周できるような間取りになっています。一方で、玄関から直接リビングに入る動線も確保。いかに無駄のない動きで毎日を過ごせるか、間取りを検討する上で“動線”を考えることはとっても大切です。

また、キッチンにはパントリー(食品庫)をしつらえてみてはいかがでしょうか。

カップボードに収まりきらないモノたちが冷蔵庫の上などに置かれて、キッチンがごちゃごちゃ…となっていませんか?

半畳ほどのパントリーがあるだけで、後付けで収納をつくるよりも見た目スッキリ、片付けも楽々で、快適さが全然ちがいますよ!

玄関シューズクロークをつくるのもおすすめ♪かさばるベビーカーやゴルフバックも楽々収納できて、濡れたレインコートなどの収納にも便利です。

ストレスフリーで、“時短”が叶う家づくりを一緒に考えていきましょう!

一覧に戻る

関連記事

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル 0120-046-441 営業時間 9:00~17:30 定休日/水