本当は住みやすい?!北側大開口で快適な暮らし|大阪府堺市・兵庫・京都・奈良の注文住宅、リフォーム 吉村一建設

2023年06月29日

BLOG > 分譲地情報

皆さま、こんにちは!
現在、吉村一建設で分譲中の「ヨッシーワンズガーデン同志社山手フェバリエ」(https://www.doshishayamate.yossy-ones-garden.com/plan)では、北側眺望を楽しむ3つのプランをご提案しています。

北向き、北側採光というと暗い、ジメジメしているなど悪いイメージを持ちがちですが、設計の工夫次第で“北側ならではのメリット”を存分に活かせるんですよ!

これまでにも吉村一建設は、北側に大きく開口部を取り、眺望や陽光を楽しむ住まいを数多く手がけてきました。
一級建築士の安田 利宏さんとタッグを組んでグッドデザイン賞を受賞した「ヨッシーワンズガーデン木津梅美台・リンクプロムナード」「ヨッシーワンズガーデン上津台・IRODORI~彩~」は、その代表的な例です。

北側採光ならではのメリットは…
●直射日光を気にせず、大きな窓が採れる。
●年間を通して採光が均一なので、夏場も極端な日差しや気温上昇に悩まされない。
●室内で明暗ができにくく、室内の明るさが安定。子ども部屋や書斎にもピッタリ。
●床や壁紙、インテリなどが日焼けしにくい。
●日照時間が短く、湿気がこもりやすい北側に大きく開口部を取ることで、湿気対策にもなる。

気を付けたいのは…
●冬場寒くなりがちなので、高性能な断熱窓を採用して。
さらに窓や庇の位置に配慮したパッシブデザインを意識することが大切。

吉村一建設の注文住宅は、ZEH基準の高断熱窓が標準仕様なので、ご安心ください。
南向き、南側採光にこだわらないことで、土地探しの選択肢が大きく広がります。

一覧に戻る

関連記事

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル 0120-046-441 営業時間 9:00~17:30 定休日/水