家を建てるなら知っておきたい!太陽光発電システムの基礎知識|大阪府堺市・兵庫・京都・奈良の注文住宅、リフォーム 吉村一建設

2019年03月05日

BLOG > 住まいのノウハウ

こんにちは、吉村一建設の関谷です。

近年、多くのご家庭で導入されている太陽光発電システム。

新築される住宅のうち、4割ほどで導入されているといわれています。

災害時にも自宅で発電できるということから、特に近頃は注目を浴びています。

そんななか、お家を建てるときに太陽光発電システムをつけるべきかどうかと悩まれる方も多いと思います。

そこで今日は、家づくりにおいて知っておいていただきたい太陽光発電の基礎知識をご紹介します。
ぜひ参考になさってくださいね!

太陽光発電の意外なメリットとは

住宅用の太陽光発電システムは、屋根に載せた太陽光パネルで発電し、その発電した電気を生活で必要な電力として使用した後、余った電気(余剰電力)を電力会社に売ることができます。
これが、いわゆる「売電」と呼ばれるものです。

もし、家庭内での使用電力がこの発電量を上回れば不足分を電力会社から購入することとなりますが、余れば余った分だけ売ることができるため、「家族全員が楽しみながら節電に取り組むようになった」というお話もよく耳にします。

太陽光発電設置は早めがお得?

太陽光パネルは、屋根の形状や大きさによって載せられる量が異なりますので、各ご家庭でどの程度発電できるかも変わってきます。

また、その載せるパネルの量によって、余剰電力の売電単価も異なります。

売電価格は毎年改定されていて、2019年は10kW未満で24円。

この売電価格は年々下がっていますので、早めに設置されるのがお得といわれる理由はここにあります。

また、太陽光発電には「固定価格買取制度」が設けられています。

システム設置から10年間は、余った電気を電力会社が固定の価格で買い取ってくれるという制度です。(10kW未満の場合)

一般的に、太陽光発電システムの初期費用は10年程度で償却できるように設定されていますので、その保証期間内でほぼペイできるということになりますね。

発電量のシミュレーションも可能ですので、自分の家ならどのくらい発電できるのか、どのくらいでペイできるのかなどをお知りになりたい場合は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

太陽光発電&パッシブエアコンは最強コンビ

太陽光発電は、当社が採用している全館空調「パッシブエアコン」との相性も抜群!

24時間365日、室内の温熱環境を快適に保つパッシブエアコン。その電力を太陽光発電でまかなえたら、電気代がかからず大変お得です!

パッシブエアコンは、1台だけで屋内“すべて”の温熱環境を快適に維持できるため、各部屋にエアコンを設置する必要もありません。

子どもが小さい頃はみんな同じ部屋で過ごすことが多いけれど、子どもが成長して自分の部屋で過ごすようになると電気代がどんどん膨らんでいく……。そんな心配もないというわけです。

 

パッシブエアコンは、「ヨッシーワンズガーデン大阪狭山」のモデルハウス と「ゆめすみか福田展示場」で体感いただけます。

大阪狭山のモデルハウスは“宿泊体験型”です。

一晩泊まって、パッシブエアコンの快適さを存分に味わってみてください。

ご家族そろって、お気軽にご来場くださいね!

詳しくは、当社までお問い合わせください。

一覧に戻る

関連記事

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル 0120-046-441 営業時間 9:00~17:30 定休日/水