断熱材の性能に注目!ウレタンフォームとグラスウールはどう違う?

2022年11月29日

BLOG > 住まいのノウハウ

こんにちは、ゆめすみかです。
12月も目前となり、寒さがいよいよ本格化してきました。住まいの断熱性能の差が、そのまま室内の暖かさや暖房費の違いとして表れる時期です。皆さまが今住んでいるお家の温熱環境は快適ですか?

ゆめすみかの家は、外断熱+内断熱のダブル断熱が標準仕様で、冬は暖かく夏は涼しい、年中快適な温熱環境を実現♪
もちろん工法だけでなく、使用する断熱材も厳選しています。

当社が採用しているのは「高性能硬質ウレタンフォーム」!
住宅の断熱材としてよく使われているグラスウールとどう違うのか、比較してみましょう。

~グラスウールと硬質ウレタンフォームはどう違う?~
●グラスウールは
住宅業界で最も普及している、ガラス繊維で作られた綿状の断熱材です。
メリットは、リサイクルガラスを使用しているため安価かつ軽量なこと。安全性、耐火性も優れています。
一方で防水性が低く、水に濡れると断熱性が失われるというデメリットも。また隙間なく施工するのが難しいため、施工状況によって断熱性能の差がでたり、結露が起こりやすくなったりします。

●硬質ウレタンフォームは
グラスウールより少ない厚み(省スペース)で、高い断熱性能を発揮できるため、ダブル断熱にしても居住スペースを圧迫しません。防水性が非常に高いのも利点です。
また施工性が高いためスムーズに隙間なく施工でき、安定的に高断熱・高気密を実現。気密性の高さが、遮音性の高さにもつながります。

●さらにゆめすみかの高性能硬質ウレタンフォームは
従来の硬質ウレタンフォームの常識を破る耐久性能で経年劣化を防ぎます。
さらに「高性能ウレタンフォーム(断熱材)」と「アルミ箔面材」を組み合わせて使用。ダブルの効果で、遮音性能と断熱性能をより一層高めています。

各地の住宅展示場の展示コーナーでは、断熱構造や断熱材を展示しています。
住空間やインテリアデザインと併せて、家が建った後には見ることができない構造面も、じっくりご体感ください♪

一覧に戻る

関連記事

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル 0120-046-441 営業時間 9:00~17:30 定休日/水